Symptoms おなかの症状

Scroll down

こんな症状ありませんか?

日々の生活の中で気になる、さまざまな痛みや不快感。
病気の早期発見・治療のためにも、心当たりのある場合はお早めにご相談ください。

  • 腹痛
  • げっぷ
  • 胸焼け・呑酸
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛
  • 腹痛

腹 痛

みぞおち~おなかの下の範囲に起こる痛みを指します。痛みの部位によって考えられる病気はある程度絞られます。若い女性は妊娠が原因の場合もあり注意が必要です。

  • みぞおち周りの痛み
  • 右脇腹の痛み
  • 右下腹部の痛み
  • 左下腹部の痛み
  • 下腹部の痛み
  • おなか全体の痛み

みぞおち
周りの痛み

刺身を食べた後の痛みは、胃アニサキス症の可能性が高いです。胃潰瘍(食後の痛み)や十二指腸潰瘍(空腹時の痛み)も考えられます。盲腸の初期段階や、狭心症・心筋梗塞などでも痛みを感じる場合があります。

考えられる疾患

逆流性食道炎、食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、胃アニサキス症、初期の虫垂炎、膵炎、膵がん、胆石症、胆嚢炎、狭心症や心筋梗塞など

右脇腹の
痛み

右脇腹の近くには胆のうという臓器があり、胆石などの胆のう疾患が多くの原因です。また、尿管結石でも痛みが出ることがあります(右腹部や右背部)。

考えられる疾患

胆石症、胆嚢炎、十二指腸潰瘍、肝膿瘍、尿管結石など

右下腹部の
痛み

急性虫垂炎が代表的ですが、女性の場合は婦人科疾患が原因となる場合もあります。

考えられる疾患

急性虫垂炎、大腸憩室炎、腸炎、子宮外妊娠などの婦人科疾患、尿管結石など

左下腹部の
痛み

おなかの左下にはS状結腸と呼ばれる腸があり、大腸憩室(大腸の一部が外側に飛び出してポケットのようになる)の好発部位になります。憩室に炎症が起こり、痛みの原因となります。

考えられる疾患

大腸憩室炎、虚血性腸炎、便秘症、大腸がん、潰瘍性大腸炎、S状結腸捻転、子宮外妊娠などの婦人科疾患、尿管結石など

下腹部の
痛み

下腹部には大腸・小腸・膀胱・子宮・卵巣・前立腺があるので、消化器だけではなく泌尿器科や婦人科の病気といったような、さまざまな可能性が考えられます。

考えられる疾患

腸炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、大腸がん、膀胱炎、前立腺炎、尿管結石、卵巣腫瘍、子宮外妊娠などの婦人科疾患など

おなか全体の
痛み

痛みが比較的軽い場合は、腸炎や過敏性腸症候群などが考えられます。痛みが非常に強い場合は、胃・大腸などに穴が開く消化管穿孔や腸閉塞など、緊急に治療が必要となる場合があります。

考えられる疾患

消化管穿孔、腹膜炎、腸閉塞、腸間膜動脈血栓症、腹部大動脈瘤破裂など

げっぷ

食べものを飲み込む運動を行うと、ある程度の空気もいっしょに飲み込みます。飲み込んで胃に溜まった空気の一部は“おなら”として排出されますが、大部分はげっぷとして口から体外へ出されます。頻繁にげっぷが出る場合は、病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

考えられる疾患

逆流性食道炎、胃食道逆流症、食道がん、食道裂孔ヘルニア、機能性ディスペプシア、空気嚥下症、肥満症など

胸やけ・呑酸

みぞおちから前胸部にかけて焼けるような不快感を伴うのが「胸やけ」、胃酸が喉や口まで上がり酸味や苦味を感じるのが「呑酸」です。代表的な原因は逆流性食道炎ですが、心疾患が原因の場合もあるので注意が必要です。

考えられる疾患

逆流性食道炎、胃食道逆流症、食道がん、機能性ディスペプシア、食道アカラシア、好酸球性食道炎、心疾患など

つかえ感

食べものが飲みこみにくかったり、飲みこむ時に詰まった感じがする、喉に違和感があるなどの症状を指します。食道炎が原因の場合が多いですが、腫瘍が原因の場合もあるので、症状が続く場合は内視鏡検査をおすすめします。

考えられる疾患

逆流性食道炎、胃食道逆流症、食道アカラシア、好酸球性食道炎、食道がん、咽頭がん、咽喉頭異常感症など

食欲低下

原因は多岐に渡りますが、①悪性腫瘍や炎症などの疾患、②薬剤の副作用、③精神疾患や心理・社会的な要因が考えられます。おなかの病気が原因となることも多いです。

考えられる疾患

消化器領域(食道・胃・大腸・胆嚢・肝臓・膵臓)のがん、機能性ディスペプシア、便秘症、過敏性腸症候群、消化性潰瘍、腸閉塞、肝炎、胆嚢炎、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)など

胃もたれ

胃がもたれる・重い・痛い、すぐにおなかがいっぱいになる、おなかが張るなどの不快な自覚症状です。見逃されがちな疾患として、機能性ディスペプシアという病気があります。

考えられる疾患

逆逆流性食道炎、食道アカラシア、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、胃潰瘍、胃がん、機能性ディスペプシアなど

胃もたれ・腹部膨満感外来

吐き気

食べ過ぎで一時的に胃酸の分泌が増えて吐き気をもよおす場合がありますが、食道・胃・十二指腸に原因が隠れていることもあります。おなかの手術の経験がある方は、小腸・大腸が原因の場合も。脳出血や高血糖の可能性もあるので注意が必要です。

考えられる疾患

逆流性食道炎、食道アカラシア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃アニサキス症、機能性ディスペプシア、便秘症、胃がん、大腸がん、腸閉塞、ウイルス性腸炎、虫垂炎、良性発作性頭位めまい症、糖尿病性アシドーシス、片頭痛、脳出血、脳腫瘍、モルヒネ等の薬剤性など

便 秘

便秘は“本来からだの外へ排出すべき便を、十分な量で快適に排出できない状態”と定義されます。大腸の動きや反射が低下して起こる便秘が一般的ですが、炎症や大腸がん、甲状腺機能低下、糖尿病などが原因となる場合も考えられます。

考えられる疾患

大腸がん、便秘型過敏性腸症候群、虚血性大腸炎、クローン病、モルヒネ等の薬剤性、膠原病、甲状腺機能低下症、糖尿病など

便秘外来

下 痢

便中の水分量が増加し、固形物をほとんど含まない液体状の便となった状態です。約1週間程度続く急性下痢症と、長く続く慢性下痢症に分けられます。多くは急性型で、数日で自然に治ることがほとんどです。慢性下痢症には、下痢型過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎などの病気が隠れている場合があります。

考えられる疾患

感染性腸炎、下痢型過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、慢性膵炎、薬剤性下痢など

黄 疸

肝臓では毎日、脂肪の消化と吸収に重要な働きをする胆汁がつくられ、胆汁は胆管という管を通って十二指腸へ流れています。黄疸とは、血液中の胆汁が増加し、皮膚・粘膜や眼球の白い部分が黄色くなる状態です。かゆみを伴う場合もあります。

考えられる疾患

胆石症、胆管炎、急性肝炎、体質性黄疸、胆嚢がん、胆管がん、膵臓がんなど

吐血、下血、便潜血陽性

吐血とは“血液を嘔吐すること”であり、下血とは“血液の混じった赤い便を出すこと”です。胃・十二指腸潰瘍や大腸がんからの出血などが考えられますので、早めの受診が大切です。また、便潜血陽性で大腸内視鏡検査を受けた約35%に腺腫(良性ポリープ)、約6%にがんが発見されると報告されています。便潜血陽性の場合は、大腸内視鏡検査を強くおすすめします。

考えられる疾患

食道炎、食道静脈瘤、食道がん、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、虚血性腸炎、大腸がん、大腸憩室、潰瘍性大腸炎、クローン病など